NHK大河ドラマ『青天を衝け』の名セリフ・名言集

名言集
スポンサーリンク

大河ドラマ『青天を衝け』

2021年2月14日より放送のNHK大河ドラマ『青天を衝け』は、幕末から明治時代までの日本の動乱期を舞台に、主人公である渋沢栄一しぶさわ えいいちの人生を描いたドラマ。
渋沢栄一は「日本資本主義の父」と称され、2024年に刷新される一万円札の顔に選ばれたことで注目を浴びている。

主演は吉沢亮よしざわ りょう、脚本はNHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』で脚本を担当した大森美香おおもり みか

大河ドラマ『青天を衝け』のタイトルの意味

ドラマのタイトルの『青天を衝け』は、若き頃の渋沢栄一が、従兄の尾高惇忠と、家業の藍玉を信州へ売り込みに行った旅の途上で詠んだ漢詩からとられた言葉。
この時の二人の年齢は、栄一19歳、尾高29歳。
栄一が詠んだ漢詩の中の一節がこちら。

「勢衝青天壤臂躋 氣穿白雲唾手征」
意味:青空を衝きさす勢いで、肘をまくって登り、白雲を突き抜ける気力で、手に唾して進む

栄一がこの漢詩を詠んだ場所は信州の内山峡。
内山峡は、当時険しく常に暴風雪が吹き荒れる山道で、旅人の遭難が多発する危険な交通の難所だったよう。
それでも家業のために弱音を吐くこともなく、険しい山道を超えて信州を目指す栄一の気合いの伝わる詩が、逆境に負けることなく突き進んだ栄一の人生とも重なるために、このタイトルが選ばれた。

大河ドラマ『青天を衝け』の名セリフ・名言集

第1話 「栄一、目覚める」

ー 栄一4歳の頃、母・ゑいから大切なことを教えてもらう ー

あんたがうれしいだけじゃなくて、みんながうれしいのが一番なんだで。

人は生まれてきたそのときから一人でないんだよ。いろんなものとつながってんだよ。それをここの奥底だって分かってんだよ!

栄一の母・ゑい(和久井映見)

第2話 「栄一、踊る」

ー 栄一 9才の頃、父・市郎右衛門の仕事を学び始める ー

藍玉は、いいものを作りゃ人にうれしがられ、自らも利を得て、また村を潤すこともできる。人のためにも己のためにもなるいい商いだに

栄一の父・市郎右衛門(小林薫)

第3話 「栄一、仕事はじめ」

お武家さまがまるで脇役だ。この江戸の町はとっさまみてぇな商い人がつくってるんだいな

渋沢栄一(吉沢亮)

第4話 「栄一、怒る」

岡部のご領主は百姓から年貢を取り立てておきながら、そのうえ人を見下し、まるで貸したものを取り返すかのごとくひっきりなしに御用金を出せと命じてくる。その道理は一体どこから生じたもんなんだい

渋沢栄一(吉沢亮)

第5話 「栄一、揺れる」

強く見える者ほど、弱き者です。弱き者とて、強いところもある。人は一面ではございません 

渋沢千代(橋本愛)

俺は人の弱みにつけ込む神様なんかこれっぽっちも怖かねぇ。うちのねえさまだってそんなに弱かねえぞ。こんな得体の知れねぇもんで一家を惑わすのは、金輪際こんりんざい御免被る!

渋沢栄一(吉沢亮)

第6話 「栄一、胸騒ぎ」

漢の劉邦ははいの田舎から興り、四百余州の帝王となった。
太閤秀吉とて元は尾張の百姓。
東照大権現様とて初めは三河小さな殿様だんべ。
俺たちだって何かができたっておかしかねぇ!

渋沢栄一(吉沢亮)

朝廷と徳川が敵対することがあった時には・・・
徳川宗家に背くことがあっても、決して天子様に向かって弓を引くようなことはあってはならぬ

徳川斉昭(竹中直人)

第7話 「青天の栄一」

天然の石や岩がごろごろした岩肌は、人が削ったかのように鋭く険しい。
一巻の書を肩に、険しい峰をよじ登る。
やがて谷を歩くも峰をよじ登るも、ますます深く険しくなり、わたしは青天を衝く勢いで白雲を突き抜けるほどの勢いで進む

渋沢栄一(吉沢亮)

第8話 「栄一の祝言」

俺は己の力で立っている。
そして青い天に拳を突き上げている。
俺の道だ

渋沢栄一(吉沢亮)

第9話 「栄一と桜田門外の変」

この日の本を思う我が心がいつか天に届けば必ずやきっと再びこの江戸屋敷に戻り、月をめでる日が来るであろう。

徳川斉昭(竹中直人)

第10話 「栄一、志士になる」

百姓だってこの世の一片を担ってるんだ。
俺はもっと知りてえ。今この国がどうなってんだか、江戸でこの目で見てきてえんだ

渋沢栄一(吉沢亮)

俺は今、日の本を身内のように感じてる。
我が身のことのようにさえ思えてくる。
だから、いろいろ納得がいかねえ

渋沢栄一(吉沢亮)

第11話 「横濱焼き討ち計画」

日の本はお武家様だけのもんじゃねぇ。俺たちにも志はあります。この国をよみがえらせることです

渋沢栄一(吉沢亮)

俺ひとり満足でも、この家の商いがうまくいっても、この世の中みんなが幸せでなかったら俺はうれしいとは思えねぇ。みんなが幸せなのが一番なんだい

渋沢栄一(吉沢亮)

第12話 「栄一の旅立ち」

百姓だろうが商い人だろうが立派な志を持つものはいくらでもいる。
それが、生まれつきの身分だけでものも言えねぇのがこの世なら、おれはやっぱりこの世をぶっ潰さねばならねぇ

渋沢栄一(吉沢亮)

俺は命を捨ててでもお前たちを思いとどまらせる。お前たちの尊い命を犬死にで終わらせたくねぇん

栄一の従兄 尾高長七郎(満島真之介)

話していてすぐに気がついたんだ。長七郎のほうが正しいと。俺は間違ってたんだ。お前のとっさまは臆病者だ…。
自ら死ぬなんて二度と言わねぇ。どんなに間違えてもみっともなくても生きてみせる

渋沢栄一(吉沢亮)

道は決してまっすぐではありません。
孔子様とて”過ちを改めざる これを過ちという”とおっしゃっております。
曲がったり、時には間違えて引き返したってよいではありませんか

渋沢千代(橋本愛)

俺はもうお前のすることに是非は言わねぇ。
ただし、物の道理だけは踏み外すなよ。誠を貫いたと胸を張って生きたなら、俺はそれが死ぬか生きるかにかかわらず満足することにすれぇ

栄一の父・市郎右衛門(小林薫)

第13話 「栄一、京の都へ」

だったらそろそろ腹を決めろい。お前らがたとえ幕府をダメだと思っていても、一橋が同じとは限らねぇ。いたずらに幕府を倒すために命を投げ出したところで、それが本当に国のためになるのかどうか。お前たちはまだそこんところをわかっちゃいねぇ

平岡円四郎(堤真一)

第14話 「栄一と運命の主君」

少しも世の役に立たねぇうちに一身を終えるなんて。俺は決してそんなことはしたくねぇ。世のために利を出さねば何にもならねぇ

渋沢栄一(吉沢亮)

今すでに徳川のお命は尽きてございます。もし天下にことのあったとき、あなた様が大事なお役目を果たされたいとお思いならばどうか、この渋沢をお取り立てくださいませ。

渋沢栄一(吉沢亮)

天下の志士が集まれば、この一橋が生き生きするに違いねぇ。幕府や大名たちからは一橋を成敗だなんて話も生まれちまうかもしれません。万が一そうなったら、やっちまいましょう!そのときこそ、この一橋が天下を治めるのです!

渋沢栄一(吉沢亮)

第15話 「篤太夫とくだゆう、薩摩潜入」

もし少しでも、それがしがお役に立ったとお考えであれば、この先さらに広く天下の志士を抱えられてはいかがかと存じます。関東の仲間には相当な者がなっからおります。大坂から戻りましたら、それがしと成一郎を関東へと差し遣わせてはいただけませんでしょうか


篤太夫|渋沢栄一(吉沢亮)

薩摩の今のお殿様にはその徳がおありですか?おありならそれもよいと思います。それがしは徳ある方に才あるものを用いてこの国を一つにまとめてもらいてぇ。しかし一橋の殿もあぁ見えてなかなかのお方で…

篤太夫|渋沢栄一(吉沢亮)

第16話 「恩人暗殺」

第17話 「篤太夫とくだゆう、涙の帰京」

第18話 「一橋の懐」

第19話 「勘定組頭 渋沢篤太夫とくだゆう

第20話 「篤太夫とくだゆう、青天の霹靂」

第21話 「篤太夫とくだゆう、遠き道へ」

第15代将軍となった慶喜に久しぶりに対面した篤太夫とくだゆう
二人きりとなった場で慶喜と共に唱えたのが、下記の東照大権現(徳川家康)のご遺訓。

東 照 公 御 遺 訓とうしょうこうごいくん

人の一生は重荷おもにをひて遠き
道をゆくが如し いそぐべからず
不自由を常とおもへば不足なし
こころにのぞみおこらば困窮こんきゅうしたる
時を思ひいだすべし 堪忍かんにん無事ぶじ
長久ちょうきゅうもとい いかりは敵とおもへ
勝事かつことばかりしりてまくる事をしら
ざれば害其身がいそのみにいたる おのれ
せめて人をせむるな 及ばざる
すぎたるよりまされり

久能山東照宮HP参照

東 照 公 御 遺 訓とうしょうこうごいくん」のおおよその解釈は次の通りです。

 ”人の一生というものは、重い荷を背負って遠い道を行くようなものだ。
 急いではいけない。
 不自由が当たり前と考えれば、不満は生じない。
 心に欲が起きたときには、苦しかった時を思い出すことだ。
 がまんすることが無事に長く安らかでいられる基礎で、
 「怒り」は敵と思いなさい。
 勝つことばかり知って、負けを知らないことは危険である。
 自分の行動について反省し、人の責任を攻めてはいけない。
 足りないほうが、やり過ぎてしまっているよりは優れている”

参照:http://www.edu-konan.jp/ishibe-jh/ikiruhint/tokugawa.html

第22話 「篤太夫、パリへ」

物語の舞台が1867年のフランス、パリに移る。

パリの万国博覧会の会場を視察する幕府使節団。
初めて見る蒸気機関やエレベーターなど、最先端の西洋技術を目の前にして度肝どぎもを抜かれる篤太夫たち。

参った!物産会ぶっさんえどころか何日かけても見切れねぇ品ばかりだい。にもかかわらず、ちっぽけな俺は言葉も通じず、その品々を見定める目も、考える頭すらねぇや。
夢の中にいるみてぇだ

篤太夫|渋沢栄一(吉沢亮)


パリ万博には日本も出展。
しかし、日本とは別に琉球王国の名で薩摩の品物が並べられているブースが存在。薩摩の旗が立てられていた。
まるで薩摩が日本と同じ国家のような扱いに。

フランスの新聞には「日本は一つの国でなく連邦国」との記事が掲載される。
そのことで、幕府の品と薩摩の品が同格のものと認識されてしまう。
しかし幕府側はナポレオン三世の謁見式で薩摩との格の違いを見せつけた。

ナポレオン三世への謁見は、慶応3年(1867年)3月24日にテュイルリー宮殿で行われた。

ドラマで謁見シーンはあたかもその場にいるかのように再現されているが、グリーンバックを使っての VFX ブイエフエックス(視覚効果技術/ visual effectsの略)による映像。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、パリでのロケは断念されたが、現代の技術を使い、とっておきのシーンを再現されているのが見どころ。

実際のテュイルリー宮殿はすでに焼失し現在残されているのは庭園のみ。
そのため同じ時期に日本人使節団がナポレオン三世と謁見している、フォンテーヌブロー宮殿の映像が撮影の絵となっている。

 正面左にナポレオン三世、右にウジェニー皇后、皇帝の左側には外務大臣以下の高官たち、右側には女官たちが並んで見守る。

ドラマの中で徳川昭武(当時15歳|板垣いたがき 李光人 りひと )は、当時の正式な礼装である、黒の袍、紫の指貫、緋綸子の御召、白銀造り金蒔絵の太刀、黒の塗沓、冠、中啓といういでたちの姿で臨む。

慶喜より託された国書を堂々と読み上げ奉呈し、謁見えっけんを無事終える。

実際にはその後もナポレオン三世主催の舞踏会に招待され、スイス・オランダ・ベルギー・イタリア・イギリスなど各国の王に謁見している。

栄一さんは、何度も道を誤ったり、迷ったりしながらめげねえで前に進んで、ようやく今の道を歩まれたんだに。わたしがその道を途絶えさせるわけにはいかねえ

渋沢千代(橋本愛)

第23話 「篤太夫と最後の将軍

ベルギーでも不可思議な体験をしました。一国の王が、商人(あきんど)のように己の国の産物を売り込むとはとんでもねぇことだと思ったが、よくよく考えてみるに、王が己の国の産物をよく知り、みずからそれを話す。なんとありがたい心がけだと思い直した

篤太夫|渋沢栄一(吉沢亮)

異国がどこか風通しいいのはこのせいか。

みなが同じ場に立ち、みながそれぞれ国のために励んでおる。本来これこそが誠のはずだい


篤太夫|渋沢栄一(吉沢亮)

第24話 「パリの御一新」

新年早々、昭武一行は、慶喜が政権を朝廷に返上したとの知らせを受け混乱していた。
そんな中、篤太夫は日本総領事のフリュリ・エラールに証券取引所に連れられ、「国債」や「社債」など、再建の仕組みを教わる。
一人一人の小さな力が合わさり、この世を変えられることを知り、新たな決意を抱く。

フランス政府に短期間貸し付けるのです。預けた期間に合わせて“利子”がつき、現金が必要となればその時の“相場”で売ることができる。“社債”は同じ要領で会社にお金を貸すこと。会社はその借り集めた“金”で事業をする。リスクはあるがその“金”が事業の役に立つのです。


日本総領事 フリュリ・エラール

新政府から民部公子も日本に帰るよう公文が届く。
日本から戻った前駐日フランス公使・ロッシュらが「いま帰るとあぶない」と止めるなか、民部公子は帰国を決意する

この国の方々に、心から、感謝申し上げる


徳川昭武(板垣李光人)

エラールに教わった国債と鉄道債を買い、利子や相場が上がって儲けることができたことの礼を言う篤太夫。日本のために尽くすことを約束する。

儲かっただけではない。その日本のお金がフランスの鉄道にも役立った


日本総領事 フリュリ・エラール

皆のちいさき一滴一滴が流れを作り、皆が幸せになる。
こんなトレビアンな術があるのだと、あなたは俺に教えてくれた


篤太夫|渋沢栄一(吉沢亮)

| 一番読みやすい現代語訳 |


| 分かりやすく楽しく読める |


| 豊富なイラストで学べる |


第25話 「篤太夫、帰国する」

明治元(1868)年11月、フランスより徳川昭武、渋沢栄一らを乗せた船は横浜に帰港。
横浜の宿で、幕府が薩長に敗れた経緯や、慶喜(草彅 剛)や幕臣の動向を聞かされる。
さらに川村恵十郎と虎之助より、
平九郎(岡田健史)が命を落とした経緯、惇忠(田辺誠一)と成一郎(高良健吾)のその後を知らされる。
渋沢栄一は頭の中が整理できない中、一度、故郷の血洗島へ戻ることを決める。

渋沢、今一度頼む。
この先も水戸でわたしを支えてほしい


徳川昭武(板垣李光人)

それにもまずは、ご主君のご意志を伺わねばならぬと思っております。上様に民部公子さまご帰国のご報告をいたしたいと存じます。

篤太夫|渋沢栄一(吉沢亮)

小石川の水戸藩邸の徳川昭武を訪ねた折、昭武より、慶喜へ文を届け返事を必ず届けてほしいと頼まれる。

第26話 「篤太夫、再会する」

6年ぶりに故郷の血洗島に帰り、大きくなった娘の渋沢うた(山崎千聖)を抱きしめ、家族との再会を喜ぶ渋沢栄一。
一方、尾高長七郎(満島真之介)が亡くなったことを聞き、衝撃を受ける。

何もかも変わっちまったかと思ったが、ここは何も変わらねぇ


篤太夫|渋沢栄一(吉沢亮)

夢の中で栄一を諭し、背中を押す長七郎。

生き残った者には成すべきさだめがあると、お前が言ったんだ

夢の中での栄一の従兄 尾高長七郎(満島真之介)

さぁ、前を向け、栄一。
俺たちがかつて悲憤こう慨していたこの世は崩れたぞ。崩しっぱなしでどうする?この先こそが、おぬしの励みどきだろう


夢の中での栄一の従兄 尾高長七郎(満島真之介)

尾高家を訪ね、尾高おだか惇忠あつただ(田辺誠一)と再会。
惇忠は誰にも会わせる顔がないと逃げようとするが、栄一はこれまでの後悔を話し、”生きている限り前に進みたい”と涙する。

合わせる顔がねぇのは俺だ。
パリまで行ってようやく分かったんだ。銃や剣を手に戦をするんじゃねぇ。
畑を耕し、藍を売り、歌を詠み、皆で働いて励むことこそが俺の戦い方だったんだ。
ようやく気づいて、お千代にも平九郎にも、とっさまにもかっさまにも、本当に申し訳ねぇ


篤太夫|渋沢栄一(吉沢亮)

父・市郎右衛門にこの先の身の振り方を伝える栄一。

商売を始めるか、百姓をするか、前(さき)の上様にお会いした後に、一身の方針を定める所存です


篤太夫|渋沢栄一(吉沢亮)

それでこそ、俺の栄一だ。
お前がこの家を出ていくとき俺は、『あくまでも道理は踏み外さず、誠を貫いてくれ』と言ったが、お前はそれをきちんと守り通してくれた。
おかげで俺は、お前の父親だと胸を張っていられる


栄一の父・市郎右衛門(小林薫)

栄一は、昭武(板垣李光人)から預かった書状を届けるため、慶喜が謹慎している駿府に向かう。
慶喜(草彅 剛)との謁見が叶い、慶喜の質素な身なりに驚きながらも、栄一は昭武のフランスでの様子を、持ち前の軽妙な語り口で伝える。

渋沢よ。万里の異国にあって、公儀の瓦解(がかい)に遭い、さぞ苦しく骨を折ったことであろう。
この度、昭武がさわりなく帰国できたのも、ひとえにそなたのおかげだ。
礼を申す


徳川慶喜(草彅剛)

上様!いや…もう何も申し上げますまい。
しかし…どんなにご無念だったことでございましょう…


篤太夫|渋沢栄一(吉沢亮)

名言集
スポンサーリンク
ことばの玉手箱

コメント

タイトルとURLをコピーしました