雨をあらわす趣のあることば

自然の雨は表情豊か。
降る季節によっても、雨の強弱によっても、色々な景色を見せてくれます。
そしてそれを見事に表現する日本の語彙の豊富さたるや。雨の呼び名の多彩さに驚きます。普段使われない言葉も多いので、日本人でも知らない言葉がたくさん出てきます。
雨が降ったお休みの日にでも、もの想いに耽りながら、雨の呼び名を眺め美しい日本語に触れてみてください。
ゆったりとした時間とともに、表現の幅が広がるかもしれません。

春の雨の呼び名

雪解雨(ゆきげあめ)

冬に積もった雪を溶かすように降る雨。「雪消しの雨」とも。
雨が上がると雪の下に隠れていた新芽が姿をあらわし、春の訪れを告げてくれる嬉しい雨。

寒明の雨(かんあけのあめ)

立春を過ぎた頃に降る雨のこと。「寒明」は春の季語。
この頃の雨はまだ雪や氷まじりで、春の雨にはまだ遠い雨のことを言います。

花の雨(はなのあめ)・花雨(かう)

桜の咲く頃に降る雨、または咲き満ちる桜の花に降る雨。春の季語(晩春)。

桜雨(さくらあめ)

桜が咲く頃に降る雨。「桜流し」とも言います。

春雨(はるさめ)

細かくしとしとと長く降り続く春の雨。春の季語。

春時雨(はるしぐれ)

突然降ったり止んだり、断続的に降る春の雨。春の季語。
立春(毎年2月4日頃)から桜が咲く前まで。
桜が咲く頃の時雨は「花時雨(はなしぐれ)」と言います。

春霖(しゅんりん)

春の初めに降り続く雨。春の季語。
霖は「ながあめ」と読み、3日以上降り続く雨のことを言います。

彼岸時化(ひがんじけ)

春のお彼岸の日に降る長雨。

菜種梅雨(なたねつゆ)

菜の花が咲いている3月下旬から4月上旬頃に降り続く雨のこと。

愉英雨(ゆえいう)

春に咲く花々を愉しませる雨のこと。英は花の意味。
ひと雨ごとに喜びの花を咲かせる、植物にとっての恵みの雨。

養花雨(ようかう)

花の成長を促す雨。
育花雨(いくかう)とも言い換えます。春の季語。

木の芽雨(このめあめ)

木の芽の成長を促す雨。

催花雨(さいかう)

早く咲けと花をせきたてるように降る春の雨。春の季語。

膏雨(こうう)

春に降る雨の中でも、こまやかに降りつづく雨のことを言います。春の季語。

小糠雨(こぬかあめ)

春に降る霧状の細かい雨。

山蒸(やまうむし)

春先の木々の芽吹きをうながす霧や雨。中国地方山間部の言葉。

穀雨

春の最後の二十四節気。4月20日頃から立夏の前までの期間に、たくさんの穀物をうるおす春の雨。

夏の雨の呼び名

緑雨(りょくう)

初夏、新緑の季節に降る雨のこと。夏の季語。
同じ意味で「翠雨(すいう)」や「若葉雨(わかばあめ)」とも。

俄雨(にわかあめ)

急に降り、すぐ止む雨。
同じ意味として、「通り雨(とおりあめ)」、「驟雨(しゅうう)」、「繁雨(しばあめ)」、「村雨(むらさめ)」などがあります。

白雨(はくう)

明るい空から降る雨。にわか雨。

夕立(ゆうだち)

夏の午後に降る急な雨。雷を伴うことが多いです。夏に限って使われます。

肘笠雨(ひじかさあめ) 

にわか雨のこと。
雨が急に降り出し、笠の用意もなく、または笠をかぶる暇もなく、肘を頭上にあげて袖を笠の代わりにすることから名付けられました。

喜雨(きう)

日照り続きのあとに降る恵みの雨のこと。夏の季語。

私雨(わたくしあめ)

ある限られた地域だけに降るにわか雨、特に、下は晴れているのに山の上だけに降る雨をいいます。
旱魃(かんばつ)のときなどには、その地域だけが潤うので「外持雨(ほまちあめ)」とも。

五月雨(さみだれ・さつきあめ)

現代では6~7月上旬、旧暦では5月の、梅雨の頃に降る長雨のこと。
梅雨のことを表すこともあります。

梅雨(ばいう・つゆ)

6月から7月にかけて降る長雨やその時節のこと。
「梅雨」と書くのは、梅の実が熟すころに降る雨のことのため。

催涙雨(さいるいう)

7月7日に降る雨。七夕しか会うことの出来ない織姫と彦星が、雨で天の川を渡れなくなり、流す哀しみの涙になぞらえているとされています。

俄雨(にわかあめ)

急に降りすぐ止む雨。

通り雨(とおりあめ)

ひとしきり降ってすぐに上がる雨。
にわか雨との違いは、降ったり止んだりを繰り返す、断続的な雨を「通り雨」といいます。

驟雨(しゅうう)

対流性の雲ー積雲(せきうん)と積乱雲(せきらんうん)ーから降る突然の雨。
「にわか雨」「通り雨」とも「驟雨(しゅうう)」という雨の範疇に入ります。  

村雨(むらさめ)

強く降ってすぐ止む雨。 「群れた雨」の意味であり、群雨、叢雨とも書きます。夏の季語。

秋の雨の呼び名

秋雨 (あきさめ・しゅうう )

秋に降る冷たい感じの雨。秋雨前線の影響で長期間にわたり降り続くことも多いため、「秋の長雨」「すすき梅雨」と呼ばれることも。

秋驟雨 (あきしゅうう)

秋の季節のにわか雨。

冬の雨の呼び名

時雨(しぐれ)

秋の終わりから冬の初めにかけて降ったり止んだりする小雨。冬の季語。

片時雨(かたしぐれ)

空の一方では時雨(しぐれ)が降りながら、一方では晴れていること。冬の季語。

小夜時雨(さよしぐれ)

夜に降る、降ったり止んだりする雨のこと。冬の季語。

鬼洗い(おにあらい)

大晦日に降る雨のこと。

その他の雨の呼び名

雨音 (あまおと)

雨の降る音。

雨景色 あまげしき

雨の降っている風景。

遣(や)らずの雨

帰ろうとする人を引き止めるかのように降る雨のこと。

天泣(てんきゅう)

晴れているのに雨が降ってくる時、天が泣くとの表現から。
「天気雨」「狐の嫁入り」ともいいます。

飛雨(ひう)

風に飛ばされながら降る激しい雨。

涙雨(なみだあめ)

悲しみの涙が化して降ったと思われる、ほんの少し降る雨。

漫ろ雨(そぞろあめ)

小降りだけど、いつまでも止まずに降る雨。

黒雨(こくう)

空が暗くなるような大雨。どしゃぶりの雨。

ゲリラ豪雨 (げりらごうう)

局地的大雨のこと。鬼雨(きう)ともいいます。

雨勝ち(あめがち)

雨降りの日が多いこと。

雨の降る音、オノマトペ

ぽつぽつ

雨の降り始め。雨のしずくがものに当たった音。

ぱらぱら

少し降り方が強まり、雨粒が木の葉やものに当たる音。

しとしと

弱い雨が連続的降る音。

ざぁざぁ

雨脚が強まり、たくさんの雨粒が地面や屋根に当たる音。

どしゃどしゃ

地面にできた水たまりに雨粒が衝突して出す音。

コメント

タイトルとURLをコピーしました